腎臓病が増加傾向にある|生活習慣を見直そう

看護師

すい臓のがんの治療

困る患者

消化器系のがんには、胃がんや大腸がん、すい臓がんなどがあります。食生活の欧米化によって消化器系のがんを患う人は増えており、大腸がんとすい臓がんの罹患率が特に高くなっています。大腸がんは内視鏡で早期発見することが可能ですが、すい臓がんは内視鏡検査では早期発見することが難しく、治療が難しいことで知られています。すい臓がんの治療は、早期発見できると外科的治療で治せますが、ステージが進行すると外科的治療を行うことは困難になります。ステージが進行したすい臓がんは化学療法で治療することが多く、化学療法でも治らなかった場合には、免疫療法で治療を行うケースが増えています。免疫療法の中では、NK細胞療法がすい臓がんの治療に特に有効です。

すい臓は体の奥深くにある臓器で、すい臓にがん細胞が発生しても初期段階では症状が現れないことが特徴です。すい臓がんは他のがんと比べると自覚症状が少ないため、早期発見をすることが難しいので注意が必要です。すい臓がんを早期発見するには、定期的にがん検診を受けることが大切で、がん検診を受診することがすい臓がんを早期発見できる唯一の方法です。がんが進行した場合には、抗がん剤治療や放射線治療が行われ、他の臓器への転移を防ぎます。すい臓がんが他の臓器に転移した場合は、抗がん剤治療や放射線治療で治すことは非常に難しく、免疫細胞療法などで治療を行います。免疫細胞療法は副作用がほとんどないので、体力を維持しながら治療を継続できます。