腎臓病が増加傾向にある|生活習慣を見直そう

看護師

医療機関の選び方とは

賢い受診方法とは

先生

自分自身で通院可能な症状の場合には、自宅や職場近くのホームドクターを活用するのがポイントです。日ごろから受診している内科系のクリニックであれば、これまでの検査データも参考にしながら、スピーディーに治療が受けられるでしょう。しかし症状によっては更に規模の大きな病院を受診したうえで、必要な検査と適切な治療を速やかに受けるべきです。新宿区内には内科以外にも多様な診療科を設置している病院が多いので、スムーズに検査と治療が受けられるので安心です。サラリーマンの場合には、仕事優先で治療が難しいケースも多いですが、新宿駅前の内科クリニックであれば会社帰りの受診にも便利です。禁煙や生活習慣病向けの治療のように、目的別に専門的な治療が受けられるのが、新宿駅前の医療機関の魅力です。

今後の地域医療の理想像

数多くのオフィスビルが林立している地域であり、将来的には新宿区内で働いたり生活をする外国人も増えるでしょう。したがって内科を中心にして、外国語にも対応可能な医療機関を増やすことが、今後の大きな課題です。また消化器系や循環器系の病気で悩む中高年が増えるために、多様な疾患の診断にも強い専門医の育成も必要です。質の高い専門医を育成するためには時間も必要であり、研修が行える医療機関の充実も緊急のテーマです。グローバル化に伴って人々の移動も活発になるので、最新の医療情報の収集も重要です。そのためには個別の医療機関だけではなくて、自治体との連携も深めながら、最新の伝染病などの情報も積極的に集めるべきでしょう。